スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HG ウイングガンダムフェニーチェ 完成

samune_2014031923331503c.jpg
ザクアメイジングに続いてフェニーチェになります。アニメではほんとかっこよかったですよね~。
5話でのウイング展開シーンを見て絶対再現してやろうと思いました。

写真は続きからに置いておくのでよろしければ見てやってくださいm(_ _)m
スポンサーサイト

HG ウイングガンダムフェニーチェ その6

CIMG0073.jpg
どうもこんばんは七誌です。22日はキュベレイパピヨンの発売日ですね! 3月にはいよいよダークマターやミスサザビーが発売になりますが、どうにもキュベレイからはキット的に強敵な気がしてなりません。そういうキットほど早く組んでみたいと思うんですけどね。

んで、作業はフェニーチェの追い込みです。
フェニーチェって説明書はかなりイエロー分のある白になんですが、それがどうにも自分の思うようにならず、何度か塗り直していました。結局、イメージしていたものにするには普通の白の方がいいという結論にいたり、フェニッシャーズのスーパーシェルホワイトで塗ってます。

現状は、細かいところの筆塗りと、スミイレですね。あとは組み立てて、クリアーをかけて完成です。
最後の最後でばっきり逝かなきゃいいんですが……。とりあえず次は完成報告になると思います。

HG ウイングガンダムフェニーチェ その5

CIMG0010.jpg
いやー、雪が凄いですね!
自分は東北でもあまち雪が降らないとこにいるので、この大雪にはかなりまいっています。普段の移動は自転車なだけに、はやく溶けてくれると助かりますね。

で、フェニーチェですがこんな状態です。サフを吹いて、いつもならこのまま塗装に行くんですが、「いや、ちょっと待て、ここで一呼吸おいてみよう」と思い立ち、軽く組んでみることにしました。


CIMG0012.jpg
細かい傷はある物の、まあいいかなーと思っていたんですが、なんだか足の形状が変……。どうやら削りすぎてしまったみたいです。
とりあえずこの部分は何とか修正して……。ディティールも適当すぎてちょっとよろしくないので、もう少し練ってみようかと思います。

HG ウイングガンダムフェニーチェ その4

DSC05979.jpg
デジカメの中に残っていた最後の写真を取り込んで、ついに電池が切れました……。いよいよ買うかどうか決めなきゃいけないですねー。
んで、フェニーチェですが、首の作り直し。今回は長さと言うより、やたらとポリキャップの首がグラついたので作りました。


DSC05998.jpg
フェイス部分ですが、丸の部分を切り離して後ハメ加工をしています。
あと後ハメが必要な個所は肩アーマーくらいなんですが、自分はマスキングで対応します。こういった合わせ込みの後ハメって○の部分をCの字に加工してあげるのが定番っぽいんですが、保持力が弱くなりそうで自分はあんまり好きじゃないんですよね。


DSC05989.jpg
それと今回は足裏のバーニアも作り直しました。
まずエポパテで穴を埋めてから、モールドごと削り落として平坦にします。


DSC05992.jpg
んで、バーニア部分をピンバイスで穴をあけた後、この『リーマー』っていう道具で慎重に広げていきます。
デザインナイフなんかを穴に突っ込んでくるくる回してもいいんですが、専用の道具があるっていうので、だいぶ前に購入してました。使用頻度は高くないですが、綺麗に穴を広げることが出来ます。


DSC05988.jpg
んで、広げた穴に合う市販のバーニアをセット。穴を広げすぎると取り返しが効かないので、ほんと、少しずつ作業していきました。削ったモールドは後でプラ板で再生します。

と、まあこんなところですね。
あとは手首をビルダーズのパーツにしたり、手首カバーを作ったりしたくらいです。とりあえず次は捨てサフに行こうと思います。

HG ウイングガンダムフェニーチェ その3

DSC05849.jpg
フェニーチェのウイングの基部なんですが、キットのままだとこんな感じになってまして、可動に干渉してしまいます。


DSC05850.jpg
模型誌にはこれを逆に取りつけると可動範囲が広がる、と書いてありましたが、逆にするわけですからピンの径や長さが合いません。


DSC05857.jpg
ピンの径を加工できればいいんですがちょっと難易度が高そうなので、自分はウイングの接続部分をいったん切り離し、再度右側に接着するようにしました。


DSC05862.jpg
っまことにわかりにくくて申し訳ないんですが、そうすることにより、ウイングを正面で広げることが出来ます。


DSC05860.jpg
ちなみにウイングの部分も、内部の干渉する部分を――。


DSC05863.jpg
こんなふうに削ってやってより広がるようにしています。箱絵にかいてあるウイングの展開方と、アニメの展開方って微妙に違うんですよね。


DSC05869.jpg
それとやっぱりウイングが小さかったのでプラ板で延長。あとでパテを使い形を整えます。

作業は以上です。
ですが、その後にちょっとトラブルがありまして……。

実はですね、この写真をパソコンに取り込むとき、「あ~、そろそろデジカメの電池が無くなってきたな~」と思い充電しようととバッテリーチャージャーを探したんです。

しかしそれがない! どこにもない!

部屋の中をひっくり返して探したんですが、見つからず、しかたなくバッテリーチャージャーを買いに行ったんですが、あれ、5000円くらいするんですね!
自分は一万円ちょっとのデジカメを買っていたので流石にそれにはビックリしまして、(だって本体の半分の価格ですよ!)結局買わずに帰ってきました。

と、いうわけで現状、作業風景が写真に撮れません。
デジカメないとブログの更新が出来ませんし……。5000円払うなら、もう少し出せば安いデジカメ買えますよね? むぅ、どうしましょうか……。(店員さんにバッテリーが使えるのに買うのはもったいないですよ、と言われて更に悩み中。3年くらい使ったんですけどね……)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。