スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続~胴体を作っていこう

DSC02628.jpg
前回はここまでいったので今回は胴体部!

油性マジックでいろいろと考えているのが分かります。一応、こういう感じで作っていこう! ってところまではいったので、そこまでにいたる蛇行運転を紹介します。

紅蓮聖天八極式の特徴と言ったら、エナジーウイングだと思うのですが、そのほかにも胴体部分の造りにも目が行くと思うんですよ。あの、顔のようにも見える胴体ですね。

DSC02630.jpg
ですので、あの目(?)の部分をどうしようか考えていました。
上の写真の状態は、元のキットのパーツを切り離し、エポパテで貼り付けて、目(?)の部分に当たるところにしてしまおうと企んでいるところです。この上からぐいっと曲げたプラ板で胴体の形を作っていこうと思っていました。プラ板に対する執着がまだ残っていますね。

で、黄色のくちばしみたいなパーツも全体を見ようと適当に付けています。


DSC02701.jpg
しかし、このままで胴体がかなり太くなってしまうので、悩んだ末にプラ板でこんな芯を作りました。目(?)の部分はエポパテでつくってやろうと思い、『底』にあたる部分をプラ板を貼っておきます。


DSC02702.jpg
で、ちょっと曲げたプラ板を黒瞬間接着剤と効果スプレーで超強引に仮止め。

DSC02704.jpg
その上から、結局ポリパテを盛って形を作っていくことに。
こんなかんじです。
目(?)にあたる部分のラインは出ているので、後で作ります。

なんとなーく形が見えて気がしてテンションが上がります。

胴体の上部しか形になっていないんですけどねぇ……。

スポンサーサイト
[ 2010/12/04 12:46 ] MC 紅蓮聖天八極式 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。