スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

紅蓮聖天八極式10回目! ~脚部~

DSC02977.jpg
今回は脚部を中心の記事ですが、頭部もちょっと変更しました。
設定画を見ると、トサカの付いている側の頭部が大きいのでエポパテで形状を変更しました。あとはこれを削り込んで形を作っていきます。

なんだかパテを削っているとあんまし模型作っている感じではないかも……。早く普通にプラモを作りたい!

DSC02881.jpg
ならはやく完成させないとですね。
紅蓮聖天八極式の脚部なんですが、紅蓮弐式は軽量化をかねているのかフレーム部分しかありません。いや、文章だと、ちょっと伝わりづらいですね。とりあえず、作業を追って説明します。
まずは、このパイプの部分を切り落とします。


DSC02882.jpg
作業後はこんな感じ。
当然ですが、超! 折れやすくなっていますので注意が必要です。

DSC02884.jpg
で、その後、左右にこのようにプラ板を貼り。

DSC02994.jpg
更に蓋をするようにプラ板を貼って、ポリパテを盛りました。
ここまで来ると写真で説明しやすくなるんですが、聖天八極式の脚部はフレームではなく、きちんとした(?)脚部になっています。
これをどうやって作るかずっと悩んでいました。
んで、結論はこんなふうにプラ板で蓋をして、ポリパテを盛って削っていく! というものだったんですが―。



はっきり言って、上手くいきませんでした(ノд`)
紅蓮聖天八極式の脚部は丸みを帯びているのですが、これではどう頑張ってもイメージには近づかない!



んで、また悩んで数日。


ぶっちゃけて言うと、ランドスピナーを固定にしてしまえばエポパテで簡単に形が作れるんですが、「なんとかならんもんか……」と無駄に頭をひねらせていたんですね。
そんなにこだわるもんでもないと思うんですが、なぜか妥協したくなかった。


で、結局―。





DSC02998.jpg
エポパテで作りました。
悩んでいたのが嘘のように簡単に形を作れまして……。


DSC02995.jpg
しかも、ランドスピナーも可動します!
これはあのメンタームをランドスピナーに塗りたくっておいて、パテが完全に硬化する前に、べりっ! と剥がしたんですよ。一か八か的な手段でしたがなんとか成功しました……。

後は形を整えるだけです。
スピナーのメンタームは当然拭き取っておきます。


DSC03018.jpg
あとは各パーツの延長などです。これはくるぶし(?)の部分にあたる場所の延長。


DSC03016.jpg
足首のガードもキットのパーツにプラ板を貼り、ポリパテで形を作ります。


DSC03013.jpg
足の先端も延長パーツを作ります。ここらへんはあんまし考えないで作りました。


後ハメ
あとここの部分ですが……。
塗装がメチャ! 大変そうです。
マスキングでいいかなーと思っていたんですが……。


解決
この丸い部分を切り取って後ハメが出来るようにしました。
塗装は楽になったんですが、この丸い部分を切るということは、脚部の支えが片方になってしまって、異様に脆くなってしまいます。
エポパテで形を作ってしまうとなんとかなるんですが、それまでがけっこうヒヤヒヤでした……。


以上で脚部の工作です。
そろそろスパートをかけないと! 
スポンサーサイト
[ 2011/01/10 00:13 ] MC 紅蓮聖天八極式 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。