スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

漫画版・図書館戦争

DSC09586.jpg
と、いう訳で今回は読んだ本の話。
漫画版の図書館戦争です。
元々は小説ですね。アニメにもなっていますし、小説も有名なので知っているかと多いと思います。
自分は図書館戦争で有川浩先生のファンになったということを書いたんですが、普段寄り付かない少女漫画のコーナーでその漫画版を発見。
絵柄が割と好みだったので1冊だけ買って読んでみたんですね。

いやはや、面白かったです。もう全冊買ってしまいました。

小説の方には挿絵が無いので、郁や堂上の登場人物の姿が浮かばないんですが、この漫画版に描かれているキャラクターはとにかく魅力的。
主人公の笠原はもちろん、他の女性たちもすごくかわいいです。堂上もかっけえですね。ああいう風になりたいものです。まず生まれ変わらなきゃ無理っぽいですが。


まあ、とにかく!


有川先生の心情描写に加えてこの絵柄が付けばそりゃあ面白いですよ!
自分は小説やアニメが漫画になったものを面白いと感じたことが無いんですが、こればかりは超おススメ。
小説版を読んだ方は是非手に取ってほしいです。


余談ですが、大の大人が少女漫画のコーナーをウロウロするのはちょっとばかり恥ずかしかったです。
ただ、少女マンガが原作になったアニメってけっこうあってビックリ。金魚注意報とか、だあ・だあ・だあとか見つけてちょっと懐かしくなってました。


ちなみに劇場版の図書館戦争が6月に公開です。
アニメは結構前に終わったのにこのタイミングで劇場版は予想外で嬉しい限り。あとはこっちの地方でもやってくれればいいのですがねー。


スポンサーサイト
[ 2012/05/10 00:21 ] 模型以外の話 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。