スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HG M1アストレイ その5

DSC02818.jpg
のぉぉぉぉ……最近、肩が、肩が痛い……。
まさか肩こりに悩まされるとは……。運動不足ですかねぇ……。

さて、アストレイですが、塗装に入ってます。その途中で、ちょっと改修した場所があるのでご紹介。
まずバックパックにあるマイナスモールドのディティールですが、色が違うため市販のパーツで受けと本体をつくり、別パーツとしました。


DSC02820_20130318223456.jpg
こんなかんじで再現されます。丸のマスキングって案外面倒ですし、これはけっこうおススメの改修です。


DSC02821.jpg
続いて、赤い丸の部分。自分は合わせ目の処理の時に削りすぎてしまい、バーニアとの段差がほとんど消えていました。
と、いうことでプラ板を貼ってきちんとバーニアとの段差を復活させています。


DSC02784.jpg
そしてトラブルが……。
付属のデカールなんですが、エナメル塗料の溶剤をこぼしてこんな状態に。(ノд`)
これ、乾かせばいけるんですかね……。無理ならそれっぽいデカールを探すしかないかー……。

スポンサーサイト
[ 2013/03/18 22:55 ] HG M1アストレイ | TB(-) | CM(2)

デカールは水生転写タイプですかね?
見た感じ印刷がダメになっているような感じはないのでそのまま使えるんじゃないですかね?
粘着のりが溶剤でダメになっているかもしれないですがクレオスのマークセッターなどを使えばのり代わりになるのでいけると思いますよ。
[ 2013/03/21 05:03 ] [ 編集 ]

〉すばるさん

デカールは普通のシールタイプですね!
一応試してみましたが、粘着力はだいぶ落ちているもののなんとか貼ることが出来そうです^^;
印字はけっこう薄くなってしまいましたが、掻き消えているほどではないのでこのまま使ってしまおうと思います(笑)


[ 2013/03/21 22:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。