スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HG ザクアメイジングを作ろう 十二日目

CIMG0317.jpg
今日は早起きして出勤前に色々とやるぞーと思っていたんですが、あえなく失敗orz 3月だというのに寒いのがいけないんだ!

ッてなわけで、今日の作業。とりあえず、昨日洗浄して乾かしておいたパーツを組んで捨てサフに行きます。
CIMG0318.jpg
塗装前のいわゆる本サフなんかはエアブラシで吹きますが、捨てサフなんかはスプレーを使います。よく使うのは1000番のサフですけど、それは自分が模型を買いに行くところにこれしか売ってないからでして……ほんとうであれば1200番を使うのがいいかもしれません。


CIMG0320.jpg
で、これがサフを吹いた状態です。自分はほとんど組んだ状態のまま、サフが厚くならないよう薄目に塗ります。
下地が透けてますが、捨てサフって傷を『埋めるため』ではなく『見つけるため』に吹くものだと思っているのでこの状態でもOKです。1200番でもいいかな、と思う理由はそこにありまして、あんまり番手が高いとスミ入れの時のスジやモールドを消してしまう恐れがるからなんですね。


CIMG0323.jpg
特に脚部など、延長加工をした部分なんかを重点的に吹いておきます。


CIMG0326.jpg
今回はサフを吹く前に念入りに傷を埋めたためか、大きな隙間なんかは見つかりませんでした。なんか地味に嬉しかったり。
でも、小さい傷なんかはあったので、それはこの500番の溶きパテで埋め、乾いた後にヤスリをかけます。


CIMG0331.jpg
そしてついに本サフと塗装の準備です! 塗装するためのパーツの持ち手として、自分はこの4種類を使っています。
左からクリップ、ワニ口クリップと竹串を合わせた物(自作)、割りばし、竹串、です。


CIMG0334.jpg
ワニ口クリップと竹串で作った持ち手は2種類の大きさがあります。ものすごく使い勝手がいいですし、素材はダイソーで買うことが出来ます。
ワニ口クリップは電気系統の箇所にあることが多く、竹串は工作のコーナーにあることが多いので、興味のある方は是非探してみてください。


CIMG0338.jpg
割りばしは両面テープで小さいパーツを一気に固定し、竹串は3ミリ穴に差し込んで使います。竹串を3ミリ穴に入れるときは少し先を削った方がいいですが……。

パーツ数も結構あるのでここも作業用BGMは欠かせないですね。
何気に時間がかかる作業なんですが、早く終わらせて塗装に行きたいので頑張ります。
スポンサーサイト
[ 2014/03/10 23:31 ] HG ザクアメイジング | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。